実食した食品をとにかくお伝えしていくブログ

私が出会った食べ物のキロクトキオク 「新商品をひたすら紹介するブログ」で紹介できない旧商品や巷のおいしいもんを色々紹介していくブログ

京都福寿園227年目の革新。ひとつ上のサントリー福寿園伊右衛門 飲んでみました

2017年3月7日にリニューアル新発売されたのがこちら

サントリー福寿園伊右衛門

京都福寿園227年目の革新。ひとつ上の、伊右衛門福寿園の茶匠が厳選した国産茶葉を100%使用し、伊右衛門本体史上最大量の一番茶※1を贅沢に使用することで、鮮やかな深緑の液色、鼻から抜ける清々しく爽やかな香り、うまみのある上質な味わいを実現しました。また、発売時からの技術“微粉砕茶葉制御技術”※2を活用し、従来の抹茶微粒子に加え、新たに煎茶粒子を加える事で、口当たりのよいコクと心地よい余韻を引き出しました。 ※1 一番茶とは:一年で最初に取れる茶葉で秋冬にたくわえた旨みが多く含まれている。 ※2 微粉砕茶葉制御技術とは:茶葉の粒子サイズをコントロールすること。

内容量 525ml

初出荷にはこのような札が

ズームインすると

本当においしいお茶なんですね

◆原材料名  品名 緑茶 ◆原材料名 緑茶 ビタミンC

 

中味はこんな感じでございます

香りとコクがアップしている感じでございます。一番茶を使ったことが出ているようですわ。キリン緑茶ほどのリニューアルした感じはないかと

今度飲み比べしてみるつもりです

感心したのがこちらのバーコード

見た目でもおいしい余韻を味わえました

★8